• クレンジングゲルを比較する時のポイント

    クレンジングゲルを比較する際には、どのような添加物を配合しているのかを調べることが大事なポイントになります。

    肌が弱い方は可能な限り、エタノールやパラベン、合成香料や鉱物油を配合していないノンシリコンの商品を選ぶようにします。

    添加物が配合されていないクレンジングゲルだと肌にダメージを与えないため、敏感肌や乾燥肌の方でも安心して使用できます。


    クレンジングゲルの種類を比較すると、オイルフリーの水性ジェルとオイルインの水性ジェル、油性ジェルの3つのタイプがあります。

    特徴のあるクレンジングゲルの比較の情報ならこちらを参考にしてください。

    オイルフリーの水性ジェルはナチュラルメイクのクレンジングに最適で、まつげエクステを付けている方でも使用することが可能です。



    まつげエクステを付けていてナチュラルメイクをしている人は、オイルフリーの水性ジェルがおすすめです。
    オイルインの水性ジェルは、界面活性剤と少量の油分を配合していることが特徴で、洗い上がりがさっぱりしており、化粧汚れがよく落ちることがメリットです。

    ただし、界面活性剤と油分を配合しているため、敏感肌や乾燥肌の方が使用すると刺激が強すぎる場合があります。油性ジェルは強力なクレンジング力があることが特徴で、リキッドファンデーションやマスカラの化粧汚れも落とすことが可能です。
    油性ジェルタイプと他のクレンジングゲルを比較すると、油性ジェルタイプが最も洗浄力が優れており、強力なクレンジング力を得られます。


    その反面、肌に刺激を与えることがありますので、敏感肌や乾燥肌の方は注意をすることが必要です。